倉庫PARK


倉庫はどのような地域に多いのか

倉庫はどうような地域に多いのかということは、海の近くに多いです。それは、海の近くは津波などの災害の心配が高いことから住居として向かないことと、海から材料を運んでくることができるという利便性の高さが影響して工場があるからです。 倉庫とは、ものを保存や収納するための施設です。 メリットは、中においてあるものを一括管理できることや、中のものの安全を確保できるということなどです。 デメリットは、中のものを運ぶ時に時間のロスがあることや、一定のコストがかかるということです。 自社で保有する方法と、賃貸で保有する方法があります。自社で保有すると、長期間で見ると賃貸よりトータルの支出が少ないや、金融機関から融資が必要な時に不動産担保として認めてもらうことができるや、会社の格が上がり信用が出るなどの効果があります。その反面、建築に伴う初期投資費用が大きいや移転がしにくいや、自社倉庫の建築費用は金融機関からの借り入れによるところが大きいため、業績が悪くなった場合、返済が難しくなることといった問題点もあります。賃貸で保有すると、初期投資費用が抑えられるや、移転がしやすいなどの効果があります。その反面、長期間で見るとトータル支出が大きくなるや、建物所有者との契約による使用上の制約があるや、入居後に賃料の値上げ交渉の可能性があるといった問題点があります。 いろんな可能性を考えて最も希望に沿うような選択をしてみましょう。

 

おすすめリンク

物流業界で注目の3PLとは、これまでのただ荷物を運ぶという形態から、それに関連する業務である、在庫管理や、流通加工なども請け負う形態のことを言います。

倉庫の賃料はどれくらい?

自宅に入りきらない荷物を手軽に収納できる貸し倉庫のサービスが都市部を中心に広まっていますが、賃料がどれくらいなのか気になる方が多いのが現状です。倉庫の規模にもよりますが、小さいもので月に5000円程度、大きなものになると月に3万円から4万円程度が相場と言われています。もちろん地域によっても多少差がありますので、自分が住んでいる地域の相場について事前にチェックしてみてください。 特に都市部では自宅に収納スペースが少ない物件が多いため、近くに荷物を収納できる場所があるのは魅力的です。地方だと自宅の空きスペースにいくらでも物置を作ることが出来るため需要が少ないですが、都市部では今後更に需要が高まることが予想されます。 自分の荷物を収納するために利用するのはもちろんですが、最近は投資物件としても人気が高まっておりますので、空いている土地をお持ちの方は貸し倉庫のサービスを始めて副収入を得るのもオススメです。相場よりも多少安い費用でサービスを提供すれば利用者も増えますし、土地さえあればいくらでも数を増やせるのがメリットになります。不動産投資などに比べてリスクも少ないですし、駐車場のように設備を整えるのに費用もそれほどかかりません。利用者の荷物を預かるので最低限セキュリティ面を充実させることは必要ですが、他の事業に比べると非常に始めやすいと思いますので、将来の資産運用を現在考えているなら、運営する側に立ってみることも検討してみてください。